HOME / MISSION / RESEARCH / PUBLICATION / TALK / PEOPLE / CONTACT / LINK 

Mission


ヒトの体は60兆個の細胞から構成されており、私たちの日々の活動は、つきつめると個々の細胞の活動であるといえます。多くの病気は細胞機能の破錠が原因であるため、正常な細胞機能の理解は、疾患の発症機序の解明や治療薬の開発を行う上で不可欠です。


 

タンパク質のユビキチン化はそのような細胞機能の重要な制御機構であり、ユビキチンという小さなタンパク質が様々な細胞内タンパク質に共有結合することが目印となり、それらのタンパク質の働きを実に多彩に調節しています(ユビキチンの働きの発見に2004年ノーベル化学賞が授与されました)。
その中で私たちは、ユビキチン化による増殖因子受容体の分解とシグナル伝達・細胞増殖の制御機構を、ヒト培養細胞や遺伝子改変マウスなどを材料に研究しています。それらのプロセスに関わる新たなタンパク質を分子標的とした疾患治療薬への応用展開を見据え、そのための土台となる細胞生物学の研究を行っています。

 

私たちの行っている基礎研究は、その成果がすぐ社会の役に立つというタイプの研究ではありません。しかし長期的な視野で見ると、地道な基礎研究をおろそかにして応用研究の発展はあり得ません。私たちは ”すべての応用研究は基礎研究の上に成り立っているんだ” という強い自負のもと、日々研究に取り組んでいます。

 

最近、私たちが長年研究してきたタンパク質の遺伝子変異がCushing 病という難病につながる脳下垂体の腫瘍をひき起こすことを発見することができ、基礎研究の重要性を少しは実証できたのではないかと思っています。今後、この成果をCushing病で苦しむ人々に還元できるような基礎研究を展開していきたいと考えています。そして、その達成感をぜひ若い学生たちと共有できればと願っています。

駒田 雅之


大学院生 大募集中!  

 

駒田 研究室では、

(1)ヒト細胞の機能に関する基礎研究

(2)創薬への応用展開を見据えたヒト細胞の研究

に興味をもつ修士課程、博士課程の学生さんを広く募集しています(生命理工学院の入試を受験してください)。詳しく話を聞きたい方、研究室見学を希望される方は、いつでも遠慮なく駒田(makomada [at] bio.titech.ac.jp)までご連絡ください。

 

大学院入試の詳細については、本研究室が教育を担当する生命理工学院の入学案内をご覧ください。